確定申告 2016 いつから医療費控除は始まる?

スポンサーリンク




確定申告 2016版

確定申告2016

 

2016年は、2015年の1月1日?12月31日までの売上や経費を記録して、
その結果をまとめて2016年の2月16日?3月15日の間に提出することになります。

 

サラリーマンが確定申告を行わず、企業にお願いして申告する
年末調整。
所得控除の手続きをして、税額の調整をしているともの思います。
手続きの手順や、そりが合うになる全容をピックアップしてまとめました。

 

年末調整だけでは、取り戻せいない税は、確定申告をする必然があります。
その箇所も、まとめて行きます。

スポンサーリンク




 

確定申告とはなにか。

 

1年次(1月1日〜12月31日)の稼ぎとそれから算出される収税を税務署に申告・納税すること。
また、収益の計算や控除適用によって前に支払った源泉所得税金や予定納税が返ってくるときがあるので、その還付をしてもらう存在理由でもあります。

 

確定申告をしていると「所得」と「収入」という書き言葉が出てきます。見事な勘違いされてる方も数多いんですが、もらった硬貨=収入ではないんです。

 

「個人収入」とは、税や人類社会安心料料を差引前の給与や、売上金のこと。

 

「収入」とは、個人事業主の方は個人収入から生活費を引いた額のこと。
サラリーマンの方は個人収入から税、安心料料、給与額によって設けられた控除金額を差し引いた額のことです。

スポンサーリンク




白色申告か青色申告か

 

白色申告は、確定申告の原点とも言える申告手順です。
   開業からついにの確定申告まで申告手順の変更を申請しなければ(何もしなければ)、
   機械的にに白色申告での確定申告となります。

 

青色申告の複式簿記は控除金額が大きくなる分帳簿借りが大変そうに見えますが、
通常的な会計ソフトを使って帳簿をつけるとき、簡易簿記で作成する帳簿に入力するだけで機械的にに複式簿記に重要な帳簿も作成してくれます。

 

 

また、青色申告決算書への入力も機械的ににやってくれるソフトもありますので簡易記帳を選ぶ利点はもっぱらありません。

 

収入が少なく、たいがいの手持ちの金での取引のみというときはキャッシュ式簡易簿記を選択してもよいですが、
貸倒引当金等が生活費にできない等の弱点もあり、さらに後々収入が増えたときに使えなくなることを考えると
月初めから複式簿記を行って慣れておいた方が好ましいかと思います。

 

もし管理するのが面倒な方は手軽に使えて便利な見積書・発注書・納品書・請求書・領収書をクラウド上で作成・管理・送付できるサービスを使うことをお勧めいたします。
今なら完全無料で使うことができますので、料金が掛からずいいですよ。
⇒ 見積・納品・請求書をかんたん作成したい方はコチラをクリック!